sttokeのタンブラーの口コミと使用感。

目次

sttokeのタンブラーがお洒落と話題

カニ
こんにちは。カニブロです。

最近は少しずつ外も冷えてきて家や職場にいる時も寒く感じてしまいます。

冬は基本的に用事がある時以外は外には出たくないと感じてしまいます。

そういった日に必要なのが温かい飲み物です。

ホットドリンクがあるだけでも寒いなという気持ちは和らぎます。

温かいコーヒーを入れたり、お茶を楽しんだり。

ただいつも飲み物がすぐに冷めてしまう。

そのためなにか新しい、保温性の高いマグカップを買おうと考えていました。

そしてどれがいいのかを考えていた時、良い商品と巡り合いましたので今回はそれを共有させていただきます。

それがこちら。

sttokeというメーカーのタンブラーになります。

パッと見スタイリッシュでお洒落ではあるものの、他の物と何が違うのかは分かりにくいかもしれません。

そこで今回は、実際にこのsttokeのタンブラーを実際に使ってみた感想をご紹介していきます。

この記事を読むと

sttokeタンブラーって?
どこが良いのか。
オススメのタンブラーは?
実際の愛用者の口コミ

こんなとこまで分かります。

それでは詳しく見ていきましょう。

sttokeのタンブラーとは

sttokeは2018年にオーストラリアのメルボルンで誕生したまだ新しいメーカーさんです。

主な商品はタンブラー。

機能性が良いだけではなく、スタイリッシュなデザインも多くの人達から評価されています。

デビュー1年目にしてGood Design Awards Australia 2018金賞というオーストラリアでも品格ある賞を受賞しています。

ひよこ
こういう賞は本当にその商品が良くないといただけないと思うので素直にすごい。

そして日本にも実績を掲げ、進出してきました。

とはいえオーストラリアの会社。
日本での知名度はまだまだなので、こんなブランド知ってるんだよと自慢する意味でも早速手に入れました。

そんなこのタンブラー、使ってみてどこがよかったのかを詳しく紹介していきます。

このタンブラーがオススメのポイントは大きく3つです。

デザインがスタイリッシュでおしゃれ

一つ目は見た目のシンプルでスタイリッシュなので、どんな場面でもおしゃれに使えるんです。

会社や家庭、車の中などの日常生活においてのワンポイントになります。

やはりお洒落なタンブラー使ってるだけでその日のモチベーションって上がるんですよね。

また飲み口の部分は曲線を描くように広がっています。

そのためただ単におしゃれなだけではなく、飲みやすいという機能性の部分も持ち合わせています。

使いやすさと見た目の良さを兼ね備えているのがこの商品です。



温かさ、冷たさが長持ちする

二重断熱構造でしっかりと断熱をしてくれます。

しっかりと密閉され、周りの気温に左右されないので高い保温、保冷効果があるんです。

実際私はこのタンブラーにコーヒーを入れて持ち歩いたりしますが、全然冷めない。

軽量感があり持ち運びに便利でありながら、

公式によると保温で3時間、保冷で6時間のスペックを誇ります。

これだけ長持ちする容器って中々見ないのでそう言った点もオススメ出来るポイントです。



サイズ感がちょうど良い!

Sサイズは約11cm(236ml)、Lサイズでも約14cm(355ml)の高さです。

そこまで大きくはないですが、しっかりと容量はあるのでとても持ち運びに便利です。

一般的なコーヒーメーカーやエスプレッソマシンにもフィットするので使い勝手も良い。

Sサイズはスターバックスのショートサイズ、
Lサイズはトールサイズとほぼ同じサイズになります。 

スタバのLサイズって結構飲みごたえありますよねー!


実際に使っている方の口コミ

ここでは実際にタンブラーを使っている方のリアルな口コミを紹介していきます。

ぜひ買う前の参考にしてみてくださいね。



オススメの購入場所は?

ではこのsttokeのタンブラー。

どこで買えるのか、またどこで買うのがお得なのでしょうか。

オススメはsttokeの公式サイトです。

もし夫婦やカップル、家族で使う事を考えている方は特にオススメで、セットでのご購入は大きな割引特典があります。

また様々な色があるのでぜひ一度公式サイトを見てからご検討してみてくださいね。



まとめ

今回はオーストラリアで人気の新ブランド、sttokeのタンブラーについての記事でした。

今のところ使っていてデメリットは無いので、安心して買うことの出来るブランドだなと思っています。

ぜひ一度このお洒落なタンブラーを使ってみてはいかがでしょうか。

それでは。

【STTOKE公式】

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる