ハッカ油を使った香水の作り方。スプレーとして水に混ぜるやり方も紹介

目次

夏にぴったり!ハッカ油の香水の作り方

こんにちは。
カニブロです。

カニ
カニ

簡単に自己紹介をすると私は本業が雑貨屋の店長で、このブログでもその知識を活かして雑貨を紹介しています。

このブログでは今までハッカ油に関連した記事を多く書いてきました。

これ以外にも多くのハッカ油の使い方を紹介しています。

そして今回ご紹介するのはハッカ油を香水として使う!夏にぴったりの冷感香水の作り方です。
カエル
カエル

 

最近暑いからそういうの待ってた!


しかし香水を作っていく上でこんな疑問が出てくるのではないでしょうか。

ハッカ油って本当に香水の代わりになるの?
ハッカ油は匂いがキツそう
ひんやりし過ぎは嫌、どのくらいの分量ならちょうど良い?
どのハッカ油が香水に一番オススメ?

私自身、このような事を思っていました。
そのためこういった疑問も解消できるよう、色々試行錯誤して試してみました

そして今回一番良いなと思った組み合わせをみなさんにもシェアしていきます。

それではいってみましょう。






ハッカ油は香水の代わりになる?

まずハッカ油は香水の代わりになるのかという疑問です。


結論から申し上げますハッカ油は香水としての使用が可能です。

 

カニ
カニ

それも結構万能な香水が作れるんですよー!

実際に周りでもハッカ油を香水の代わりに使用している人も見受けられます。

普通の香水には無い、ハッカ油ならではの特徴もありますので、そこも交えて紹介していきます。




ハッカ油を香水として使うメリット

それではハッカ油を香水として使った際のプラスアルファのメリットをお伝えします!

冷感効果がある。

ハッカ油の香りって爽快感があって夏にはぴったりですよね。
しかしやはり匂いだけでは無く香水として吹きかけるので肌でその涼しさを体感することが出来ます


私自身ハッカ油香水ならではのヒンヤリ感にハマってしまいました。これは夏には本当に欠かせません


さらにスプレーした後に、扇風機で風を受けたり、涼しい風などが吹くとその効果をさらに体感することが出来ますよ。

 

虫除け


ハッカ油は虫が嫌いな匂いをしているので虫除けとしての効果も的面です。
実際にこのスプレーをしていると蚊に刺されにくくなる事を私自身、実感しています。



香水の成分とプラスして虫除けにもなる、これは夏には欠かせないアイテムじゃないでしょうか。

 

 

匂いはキツくないのか

ハッカ油って匂いがキツいイメージがありませんか?実際に私も原液のハッカ油の匂いはあまり得意ではないんですよね。

 

しかしこのハッカ油を香水のするやり方は原液をしっかりと薄めているので、ほんのりハッカ油が香っていい感じなんです。

電車の中で香水の匂いが強烈な人が乗っていると嫌ですよね、
この方法ならそれの心配は無いのでぜひ安心してチャレンジしてみてくださいね!
きっと良い香水ハッカ油の生活ができるはずです。

パーヒューマーハウスって知っていますか?
天然精油を常にベストな状態で調合されたフレグランス。

アロマで香水を作る手間が全く必要ないのでオススメです。
【精油・アロマPerfumerhouse】



ハッカ油香水の作り方

ハッカ油の香水スプレーの作り方の目安をご紹介します。
あくまでも目安なのでお好みのものを作り上げていってくださいね。

まずは用意してほしいものです。

  • ハッカ油を入れるスプレーボトル(ここでは100ml)
  • ハッカ油(イメージは10〜15滴)
  • 水(90〜100ml)
  • 無水エタノール 10ml(あれば)




簡単な3つの手順!!

手順1

無水エタノールをスプレーボトルに入れる

無水エタノールがあるとかなり混ざりやすくなるんです。しかし無かったら無くても全く問題はありません。

ポイントは先にハッカ油と無水エタノールを混ぜておくことです。
そうすると混ざりやすさがアップします。



個人的にオススメのスプレーボトルと無水エタノールはこちらで購入できます。

 


手順2

ハッカ油を入れて、混ぜる

100mlに対してハッカ油は個人的な目安は10滴程度ですが、最初は少なめに入れておいて、薄いと感じたら後から入れていくのが良いかと思います。

たくさん入れすぎてしまうとヒリヒリしてしまうので要注意!お好みに調整してみてくださいね。

おすすめのハッカ油はこのあと紹介していきますよ。



手順3

水道水(精製水があれば尚のこと良し)を入れ混ぜ合わせる

最後は水道水を入れます!水道水が不安という方は精製水を使ってみてください
香りがより引き立つのも精製水なんです。




オススメの精製水です、送料無料はありがたいですね。






香水を作る上でオススメのハッカ油

最後にオススメしたいハッカ油をご紹介していきます。
どちらも香水としての使用に適している商品なのでぜひ参考にしてみてくださいね。

既に持っている方は飛ばしてくださいね。




Mentha Oil 100

医師の監修のもとに、化粧品製造販売業・化粧品製造業の認可を受けている工場で生産された、安心・安全の日本製です。
それだけでもかなりの安心感。

しかもこちらは200mlのハッカ油にスプレーボトル、スポイトまでついているのでこれがあればすぐにハッカ油香水を楽しめます。
ここがおすすめしたい一番の理由です。

他のサイトでは送料が発生するところが多かったですがここは送料が無料なのでこのサイトからの購入がおすすめです。

 


ハッカ油 スプレー 付 天然ハッカ油100% 200mL日本製 ペパーミント 虫除け 熱中症対策 冷却 除菌消臭に薄荷(ハッカオイル)【食品添加物香料 天然和種ハッカ100%】Mentha Oil メンタオイル100 メントール ミントオイル アロマ マスク 花粉 アウトドア ハッカ はっか

うさぎ
うさぎ

これさえあれば間違い無し。




ナチュドール

香りが良いため私のブログで激推しさせていただいているのがこちらのハッカ油です。

アロマの会社が作っているものなので香水としての使用ならやはりナチュドールもオススメしたいです。

詳しい記事はこちら
雑貨屋店長がオススメのハッカ油【ナチュドール】ハッカ油はマスクに吹きかける。




アロマオイル(精油)でも手作り香水は出来る

ハッカ油以外にも、精油(アロマオイル)を使って手作り香水を作ることが出来ます。

精油を使った方法は別の記事で紹介しています。

ぜひご覧ください。




ハッカ油で香水!まとめ

今回はハッカ油で香水を作る方法をご紹介しました。
紹介したハッカ油で作る香水は本当にこの夏にぴったりです。


ぜひこれを使ってこの夏を快適に過ごしましょう!!

またこのブログではこの記事以外にも多くのハッカ油の活用例を紹介しています。
ぜひ他の記事も読んでいってくださいね。

 

さらにハッカ油と似た効果を持つ今話題のひば油も紹介しています。
ぜひこちらもお読みください。青森産オススメひば油。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる