【クローブ】アロマ効能を活かす使い方。アロマオイル(精油)の効果と副作用

アロマのすゝめ
この記事を書いた人&ブログ主
カニブロ

ある会社で雑貨屋店長や商品開発を担当。
ブログではその知識を活かし、オススメのアイテムや雑貨、アロマを中心に書いています。

このカニブログは「毎月3500人」くらいの方に読んで頂いてます。
専門用語を使わないように書いているので、誰にでも分かりやすい記事を目指してます!

中部地方在住の20代後半。
愛犬と楽器、ディズニーが好きです!

ブログをブックマークしていただけると本当に嬉しいです!

⭐︎アカウント連絡先⭐︎
Twitter→@KANIBLO
Instagram→kani_blo

カニブロをフォローする
今すぐクローブのアロマを体感する。

クローブにはアロマ効果がある

カニブロ
カニブロ

こんにちは
カニブロです。

最近私は段々と歳をとってきたせいか、お腹がキリキリする時が多くなりました。

疲れやストレス溜まっているとき、運動や睡眠不足など、理由はさまざまあるかと思いますが何回もお腹が痛くなると辛いんです。

どうにかして胃腸の調子を整えようと思い、お腹が痛い時にも効果があるアロマオイルを使ってみて、様々な面でよかったので共有をさせてください。

それがクローブ。

クローブは胃腸系の不調をはじめ、様々な効能があるんです。

香りも特徴的でとても面白いアロマオイルです。

ではその効能や香りを詳しく見ていきましょう。

このブログを読むと

・クローブとは
・アロマ効能、効果
・オススメのクローブアロマオイル
・クローブ愛用者の口コミ
・クローブには副作用がある?

こんな事が分かります。

それではいきましょう。



クローブとは

クローブはカレーなどの料理のスパイスとして使われるハーブで、皆さんもそのイメージが強いかと思います。

しかしクローブにはアロマとしての効果や効能があります。

中国ではクローブは「丁子」と呼ばれ、漢方薬として重宝されるなど、昔から体にいいとされており、効果や効能も優れている注目が高い香りです。
カニブロ
カニブロ

クローブは香りが強く、はるか遠くからも香りを感じることができるということから、百里先まで香るという意味の「百里香」という別名があります。

そして、主な効能がこちら。

精神安定作用
消化促進作用
下痢の緩和
腸内ガスの改善
口臭改善
鎮痛作用
消毒作用
殺菌作用
麻酔作用
抗ヒスタミン作用
抗神経痛作用
抗炎症作用
抗ウイルス作用
鎮痙作用
加温作用
子宮強壮作用
水虫の改善
虫除け効果

など

それでは主な効果を詳しく深掘りしていきます。




主な効果、効能5選

心理的に安定させ、記憶力アップ

クローブには、気分が落ち込んでいるときは気力を高め元気になり、反対に興奮しているときは心を鎮めてくれるという効果があります。
精神面が不安定な時にこの香りを嗅ぐことで精神的な安定に繋がります。

また、クローブにより研究で記憶力がよくなることもわかっています。

勉強やお仕事、家事など日々の様々な頑張らなきゃいけない時にクローブは最高のお供になります。

 

カニブロ
カニブロ

私自身、辛い時にクローブの匂いを嗅ぐといいリフレッシュになっています。





弱った胃や腸、消化器官の改善

クローブには抗酸化作用があり、胃腸などの消化器系の調子を整え、消化を促したりします。
カエル
カエル

胃腸の調子がよくなることで血行も良くなり、動脈硬化などが改善される例も多くあります。

また体も温まるので消化不良、下痢など、冷えから起こる胃腸トラブルに効果的です。

胃腸の不調を治すことで口臭の改善にも効果がありますので、若い人にもオススメなのがクローブなんです。



痛みを和らげる効果がある

クローブには、強い鎮痛効果と抗菌効果があります。

そのため、局所麻酔にもちいられるなど、医学的にも活躍するほどです。
その効果はアロマオイルでも体験が可能。

そのため歯痛や頭痛などの痛みを和らげる効果が期待できます。

偏頭痛などが起こりやすい方には必須アイテムになるかもしれません。



肌荒れを改善し、美肌を保つ効果も。

クローブには抗菌、消毒作用がある事から、ニキビや水虫などの皮膚の炎症の緩和などにも役立つといわれています。

そのため肌を保つのにもクローブはうってつけなんです。

ハーブとしての良い効果もクローブには備わっています。


虫除け・ゴキブリ対策に

さらに嬉しいのがクローブには虫除け効果があるということ。

虫やゴキブリはとてもクローブのスパイシーな香りは苦手であり、オーガニックの虫除け、ゴキブリ除けになります。

虫除けのやり方は別の記事にて特集をしていますので、ぜひご参考にしてみてくださいね。


オススメのクローブアロマオイル

生活の木

アロマのブランドは数多くありますが、初心者の方には生活の木がオススメです。

生活の木は日本でもトップクラスに知名度が高く、品質に信頼がおけるブランドなんです。

初めてのクローブの際にはまずは買っておきたいメーカーさんです。

 

 

 


相性の良いアロマオイルは?

クローブとの相性が良いアロマオイルは人それぞれ感じ方や意見に若干の違いがあります。

そこで今回私のサイトでオススメしたいのは柑橘系のアロマオイルとのブレンド。

オレンジなどの温かみや感じる匂いのものとブレンドするのがオススメなんです。

オレンジなどの柑橘系の香りと合わさる事で、爽やかな香りとなります。

ブレンドにより、考え方に柔軟性を与え、楽しむ感情も与えてくれます。毎日を楽しむことを思い出させてくれ前向きに物事を考えれるようになりますよ。

また個人的にはレモングラスなども相性が良く、好きでした。

アロマディフューザーを使おう!

クローブをアロマディフューザーで拡散しする事でより本来のクローブの効果を体験することが出来ます。

香りを嗅ぐことで、気分が落ちている時や、うつっぽい状態の時にさらに効果が。

しかしながらクローブは香りが強いので入れすぎには注意が必要なんです。

カエル
カエル

クローブ3滴に対してオレンジやレモンなど柑橘系の精油を5〜8滴くらいのブレンドにするとクローブらしい爽やかな香りを楽しめます。

また個人的なオススメはラサーナのアロマオイルです。
アロマオイルなどの様々な特典が付いてコスパ良く、使いやすかったのでぜひ使ってみてくださいね。

 



またアロマストーンでも、効果範囲はアロマディフューザーより狭いですが、お手軽に楽しむことが可能です。


クローブの副作用

クローブは比較的刺激が強いアロマオイルのため、使用する際は妊婦・授乳中の方は避けた方が良いでしょう。

妊娠中の人は香りを嗅ぐ程度なら問題が無いとされていますが、妊婦・授乳中・子供への安全性ははっきりとは確認されていません。

使う際は細心の注意が必要です。




クローブの口コミ



まとめ

今回はクローブのアロマの可能性についてお話していきました。

まとめです。

・クローブはスパイシーな香りのハーブ
・心理的に安定させる効果
・弱った胃や腸、消化器官の改善
・痛みを和らげる効果がある
・肌荒れを改善し、美肌を保つ効果も。
・虫除け・ゴキブリ対策
・クローブのアロマオイルは生活の木がオススメ!
・ブレンドのオススメは柑橘系
・アロマディフューザーを活用しよう
・妊婦中は使用を避ける

こんな感じでした。

クローブのアロマオイルは気分が下がっている時、腹痛などの時に本当に頼りになるのでぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

それでは。

ブログランキング・にほんブログ村へ

アロマのすゝめ
この記事を書いた人&ブログ主
カニブロ

ある会社で雑貨屋店長や商品開発を担当。
ブログではその知識を活かし、オススメのアイテムや雑貨、アロマを中心に書いています。

このカニブログは「毎月3500人」くらいの方に読んで頂いてます。
専門用語を使わないように書いているので、誰にでも分かりやすい記事を目指してます!

中部地方在住の20代後半。
愛犬と楽器、ディズニーが好きです!

ブログをブックマークしていただけると本当に嬉しいです!

⭐︎アカウント連絡先⭐︎
Twitter→@KANIBLO
Instagram→kani_blo

カニブロをフォローする
カニブロをフォローする
kani blo

コメント

タイトルとURLをコピーしました